天神祭 船渡御人形船講供奉台船






大阪天満宮 - 人形船講大阪天満宮 天神祭

人形船講(にんぎょうぶねこう)所属

※人形船講とはシンボルである千成瓢箪が積まれた「千成船」と啓行(みちびらき)の神である猿田彦の人形を積んだ「甲冑船」の2隻が列外船として船渡御の間を自由に行き交う。船体中央に小さな舞台がしつらえられ、鉦・大小太鼓の地車囃子に合わせて龍踊りが繰り広げ、天神祭を盛り上げている講の一つです。

>>人形船講(にんぎょうぶねこう)のサイト













2003年7月24/25日 - 天神祭 船渡御人形船講供奉台船の様子
天神祭は日本三大祭のひとつで、大阪の夏を彩る一大イベントです。大小様々な船が大川を行き交う、他に例を見ない水の都大阪ならではの水上がメインのお祭りです。
 













2010年7月24/25日 - 天神祭 船渡御人形船講供奉台船の様子
 天神祭は24日、宵宮を迎え、名物の手こぎの「どんどこ船」が大阪市中央区の道頓堀川などに繰り出し、鉦(かね)や太鼓を打ち鳴らして祭りを盛り上げました。


どんどこ船は、25日の船渡御の開催を知らせる役目です。法被姿の氏子約30人が乗った船が戎橋付近に姿を見せ、「チョーイサー」と力強い掛け声を響かせました。
大阪の夏を彩る大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭が25日、クライマックスの本宮を迎え、約5千発の奉納花火が夜空を焦がしました。

この日、大阪市は今年最高となる36・7度を観測




サイト名: 大阪市 無痛治療 歯医者   http://www.microdent.net
この記事のURL:   http://www.microdent.net/modules/tinycontent/index.php?id=4